伊勢のエンターテイメント

 |  |  | 0
菓子博も無事に終わり、とりあえず伊勢の日常がまた始まったかな。菓子博のおかげか、遠方より見える方がポツポツ来店してくれた。

遠方からのお客さんが来るたびに、何故か伊勢の町のエンターテイメントは何かという事を考える。もちろん、自然の恵みである食材を使った食事は伊勢の欠かせないエンターテイメントの一つだが、その他に何があるのか?

で、いつも考えるのは「じゃー都会は何があるのか?」って事を考えると実はたいして変わらない気がする。もちろん、時間帯、量、質は比べ物にならない。でもその違いだけで、有るものの本質は変わらない気がする。じゃー何をもって人はエンターテイメントするのか。山本さんに置き換えて考えてみる。

音楽、読書、スケートボード、飲酒。と色々あるが、何が一番かは分からないし、ないだろう。どんな国、どんな場所に行ってもやることはたいして変わらない。変わるのは雰囲気や、人だなと。良い雰囲気の場所で愉快な人と会話したり、その場の何かしらを共有することにエンターテイメントを感じるのだと思った。

じゃー伊勢という場所でエンターテイメントするためには。雰囲気、人は伊勢という場所は共に恵まれていると思う。じゃー何故、都会にエンターテイメントは負けるのか。

山本さんが思うには、マッチングの確率と可能性の低くさではないかと思った。美味しいお店で楽しく飲食したい、でもどこに行けば良いか分からない。音楽が聴きたい、でも今日はやっていない。とにかく分からないし、そもそもない時がある(笑)

その確率、可能性を上げることが重要なんだと。つまり人と人が出会える場所を増やす。小さくても良いからみんなのしたい事楽しい事を日々できる環境をつくることなんだと。

と考えると、駅前に公園。しかも色々と優しさに満ち溢れた公園。みんなが音楽したり、スポーツしたり、読書したり、はたまた商売したり。

そーいえば、つい先日天王寺公園に行ってきたがその理想に満ちた環境はうらやましさでしかなかった。みんなが各々の楽しみに満ち溢れて、観光客の山本さんのチビも知らないチビとキャッチボールしてコミュニケーションを楽しんでいた。これやな。

伊勢にめっちゃデカイ公園が欲しい!!!公園の質、デカサが、多さがもしかしてその町のエンターテイメント力を表しているのではないかと思った。今日この頃でした。

さあ、今週は「ビストロしんみち」。伊勢を盛り上げるきっかけになるはず!伊勢市駅前に公園を!!!←勝手にスローガン作りました(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です